フェアトレードとは

人と地球を思いやる暮らしかた

私たちが毎日の暮らしの中で買っているさまざまな「もの」。

これらをつくっている国や人たちのことを考えてみたことはありますか?

日本には世界中からものが届いています。衣服や食べ物といった生活必需品から、コンピュータや大型機械まで、ありとあらゆるものが海の向こうで作られています。

安くてお得、そんな商品がたくさんありますが、実はその背景には生産者に正当な賃金や対価が支払われていなかったり、健康を損なうような環境で働かされていたり、子どもが家計を支えるために学校に通わず働いていたり、ということが数多く報告されています。

フェアトレードとは直訳すると「公平・公正な貿易」。つまり、途上国で作られた原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、立場の弱い生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」です。

日本国内のビジネスや事業もフェアではない価格競争や低賃金が問題になっており、フェアネスの重要性が叫ばれるようになってきました。

 

フェアトレードのしくみを知り、フェアなものを手に取ることは、それを作る人の暮らしだけでなく、私たち自身のよりよい暮らしやよりよい働き方にも繋がっているのです。

もっと詳しく

特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン

世界フェアトレード連盟​(英語)

​フェアトレード10の指針(ピープル・ツリーHP内)

P1070715 のコピー.jpg